《考察》スマホ世代の「昔」の感覚にジェネレーションギャップ?!あなたの「昔」の感覚は?#7

《考察》スマホ世代の「昔」の感覚にジェネレーションギャップ?!あなたの「昔」の感覚は?#7

monochrome-1378799_1280

「昔」というと、具体的にどのくらい前だと想像しますか?

私の感覚で言えば「昔=少なくとも3年以上前」だと思っています。

当然、個人差もあります。事象によって変化するものでもあります。

「なんで、そんな事を?」と思われるかもしれません。

スポンサーリンク

きっかけはニュース番組

こんな些細な事がふと気になったきっかけは、テレビのニュース番組でした。

よくある街角インタビューで、対象者はスマホ世代の大学生。

5,6組がインタビューされてましたが、そのうち2組が「昔=1年~1年以内」という感覚で話をしていました。

別に「昔って、どれくらい前のことだと思いますか?」というインタビューをしていたわけではないのです。

ただ、何気ない会話の中に「昔」という言葉が出てきて、その感覚に結構なギャップがあるなと感じたのです。

ギャップを感じた以上、意識してしまうものです。

別の日のニュース番組でも

また、別の日のニュース番組でも先日のように、10代後半から20代前半のスマホ世代を対象にインタビューをしていました。

そこでもまた、「昔=1年~1年以内」という感覚で話をする方がいました。

日本国内のたった数人の言っていた事ですが、これはもしかすると「昔」という感覚にジェネレーションギャップが生まれているのかもしれない。

だとすれば、思っている以上に大変なことだと。

「昔」の概念や感覚は可変するものだが・・・

例えば、昔話によく出てくる「むかーしむかし」を昭和時代の事だと思ったり、「むかし恐竜がいた」事を江戸時代あたりの事だと思ったり。

冒頭でも話しましたが「昔」の概念や感覚というのは、その時々で可変するのも私なりに理解をしているつもりではあります。

ただ、あまりにも相手と自分の感覚に差がありすぎる場合、会話をするうえで混乱が生まれるのではないかと思いました。

今は手軽に「情報」が手に入る時代

これは私なりの考察ですが、それこそ「昔」・・・そうインターネットが普及する前は、ちょっとした情報を手にするにも時間がかかりました。

図書館に行ったり、新聞を読んだり、専門家に聞きに行ったりと。

しかし、今はインスタントラーメンを作っている3分の間に、大量の情報を手に入れることが出来るようになりました。

こういった事もスマホ世代と、新聞世代の「昔」の感覚にギャップを生み出しているのではないでしょうか?

ここで一つ質問です。

「あなたにとって、昔とはいつ頃ですか?」

《by 原案:いるだ / 編集:ろいろい》

スポンサーリンク
トップへ戻る