ブログ界では、数字が多い人が「神化」されてるけど、それってチョット痛いよね・・・。

ブログ界では、数字が多い人が「神化」されてるけど、それってチョット痛いよね・・・。

fall-163496_1280

ブログで自分の稼ぎを公表している人たちが「痛い人達」と感じるのは、ボクだけだろうか?

それとも、ブログで稼ぐ事を諦めたボクの戯れ言だろうか・・・?

別に、ブログで稼ぐこと自体は悪いことではない。

むしろ、「テメーの手で掴み取った金」なんだから、素直にスゴイと思うし、羨ましいとも思う。

なにが、じゃあ問題なのか?

ブログで稼げてる事を「神化」していることだ。

ブログで稼げることは凄いことだけど、別にエライわけではない。

ブログで稼げている人の大半は、数字に酔っているし、そんな自分に酔っている。

そう、酔っている自分に酔っているとも言える。

まさに、自分に陶酔しちゃっているわけだ。

・・・

・・・

・・・

これって「痛い人」だと思わないですか?

こういう、自分を「神化」して陶酔している人は「ブログで起業する事」自体がエライことだと無意識に思っている節がある。

そういう人の文章、記事を読めば「自分稼げててエライでしょ!!」感がヒシヒシと伝わってくる。

また、稼げている人間の周りには、必ずと言っていいほど「稼げてない人」が群がる。

そう、自分もまた「稼げてる人間」の恩恵にあやかりたいからだ。

そうして稼げてない人間が、「稼げてる人間」を崇め奉るものだから、さらに稼げている奴が「自分を神化させる事」に拍車が掛かる。

こうなると、もはや一つの新興宗教の出来上がりだ(笑)

人間ってのは、ここではブログ関連で話すけど、「とにかく数字に弱い」傾向がある。

数字が「多い」、又は「大きい」ってだけで、その人は偉い人になってしまう。

数字が生み出すトリックというのは恐ろしいものがあるとボクは思っている。

アナタは、どうだろう?

「数字の大小」だけをみて、自分を、もしくは誰かを「神化」してないだろうか?

・・・

・・・

・・・

ブログの中に「神」なんていないんだから。

《by ろいろい》

スポンサーリンク
トップへ戻る