ブログが長続きしない・・・。ブログを失敗するためのコツ。(逆をやれば成功するかも?!)

ブログが長続きしない・・・。ブログを失敗するためのコツ。(逆をやれば成功するかも?!)

ボクはブログを書くことが、長続きしません。

何でですかね~・・・( ̄▽ ̄;)

書くこと自体は苦手ではないんですが・・・つまらないんです。

まぁ、そんな「ブログが長続きしないボク」が、「ブログを失敗できる方法」を思い返してみます。

ブログを失敗できる方法が分かれば、その逆をやれば「成功できる!!(かも)」とも言い変えられます!!

という訳でつらつらと書いていこうと思います。

なぜ、ブログが長続きしないのか?

まずこれを考えてみます。

ボクの場合ですが・・・このブログは、ハッキリ言って「このブログで食っていけるようになりたい」「稼ぎたい」って思いでボクは運営しています。

でも、「利益ベース」でブログを運営していること自体が、ボクは疲れます(>▽<;)

しかも、利益を優先して記事を書こうとすると、どうしても・・・

  • どんな内容だと人を集められるか?(アクセスアップ)
  • どんな内容だと金が稼げるか?(利益アップ)

こんな考えでブログを書くことになってしまいます。

というか、こういった思考回路にボクはなってしまいます。
(今現状もそんな思考回路です・・・。)

一回、「利益ベースの思考回路」になってしまうと、もう後戻りができないです。

現に、ボク自身が今、後戻りができないくてとても悩んでいます。

幸いなことに、このブログはボクだけではなく、嫁と一緒に運営しているので、ここ5ヶ月位は嫁が更新し続けてくれています。

なので、形としては更新し続けられているブログではありますが・・・ボク自身の更新は、ほぼゼロです。

利益や、アクセス数を意識してしまうと「数字の悪魔」に取り憑かれてしまい、思考回路がクリエイティブ思考ではなく、数字優先思考になってしまっています。

ボクの中で、純粋な気持ちで記事を書けなくなってしまっているという現象が起きています。

ぶっちゃけ、このブログでいくら稼げてるのか?

ぶっちゃけこのブログで、いくら稼げているのか?

多分気になるところだと思います。

正直に言うと、1~10円/日 程度です。

たかだか、この程度の利益で「どうしたら金になる記事がかけるんだろうか・・・」と悩んでいます。

なんか、滑稽ですね(笑)

じゃあアクセス数は?

次に気になる所はアクセス数ですよね。

先月、11月のアクセス数は・・・

  • ユニークアクセス : 1678
  • ページビュー : 2030

このような結果です。

ユニークアスセスで考えると、55人/日 という感じです。

まぁ、これでも大分アクセス数は増えた方です。

数人/日 という日もあったりしましたから・・・( ̄▽ ̄;)

ブログを長続きさせないコツ。失敗させるコツ。

ブログを長続きさせるためのコツなんてものはありふれています。

なので、ボクはむしろネガティブに「ブログを続かなくするための方法」を書いていこうと思います。

あくまでもボクの考えですので、逆をやると成功するかもしれません(笑)

しないかもしれません(笑)

  • ブログで生活費を稼ごうとする。
  • 稼げる記事を書こうとする。
  • ブログで生活できるほどの利益を生み出そうとする。
  • アクセス数が集まりそうな記事を書こうとする。
  • 毎日、アドセンスの収益を確認する。
  • 毎日、アクセス数を確認する。
  • キーワードを丹念に考え、文章構成を作り込んで記事を書く。
  • 有名ブロガーの真似をする。
  • ポジティブシンキングで記事を更新し続ける。
  • 高い意識を常に持ち続ける。
  • 毎日更新する。
  • 質の高い記事を書き続ける。

こんな感じですね。

これをやれば、間違いなくブログを失敗に追い込むことが出来るはずです!!(笑)

とにかく、ブログを失敗、崩壊させるためには、世間で言われている「ブログを成功させる方法」を実践することが、失敗させるための最速の道だと思われます。

少なくとも、ボクはそうでした。

巷に流れる「ブログ成功術」に踊らされて、悩み、迷った挙句に・・・、更新停止。

更新停止はブログにとって最悪の状態です(笑)

ブログが、「つまらない」と感じているのであれば、無理に続けることはないと思います。

「自分が生きた証を残したい」とか、そんな壮大な夢を持ってまで「辛い」と感じるブログに接し続ける必要性はないんです。

止めることは「悪」ではありません。

自分にとってはブログを止めることの方が「正義」だったりするかもしれません。

人によりますけどね(^▽^;)(汗)

少なくとも、ボクは「ブログ挫折組」です(笑)

この記事を見て「肩の荷が下りた」人が一人でもいれば嬉しいです。

by ろいろい

トップへ戻る